Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製WiMAXルータなどにCSRFの脆弱性

NECが提供する据え置き型ルータの一部やモバイルルータに、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が含まれていることが判明した。

影響があるのは、同社が2011年以前に発売した無線LAN製品「Aterm」の親機や、同社製WiMAXサービス向けルータ。ただし「WM3800R」は影響を受けない。

同製品のウェブ管理画面へログインした状態で悪意あるページを読み込むと、ルータの設定が初期化されたり、再起動するおそれがある。

NECでは、一部製品に対して脆弱性を修正したファームウェアを提供する。またファームウェアを提供しない製品については、回避策の実行を呼びかけている。

今回の脆弱性は、熊谷裕志氏、木村陽一氏、トライコーダの上野宣氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2013/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施