Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト上に個人情報を誤って掲載 - 西東京市

西東京市は、ウェブサイト内の「生活協力員の募集のお知らせ」ページで、個人情報3件含むエクセルファイルを誤って公開していたことを明らかにした。

同ページは2月1日より公開されたもので、添付したエクセル形式の申込書に、過去の募集に関する個人情報3件の掲載されたシートを残した状態で公開していた。氏名、住所、電話番号が含まれる。

2月15日、誤掲載を指摘する匿名の電話があり問題が判明。ページを修正した。対象となる3人には経緯説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
県立高で学校公開参加者宛のメールで誤送信 - 静岡県
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県