Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、電力、ガス、ビル分野のサイバーセキュリティ演習を実施

経済産業省は、電力、ガス、ビル分野について、演習用模擬システムを用いた国内初のサイバーセキュリティ演習を官民共同で実施すると発表した。

重要インフラおよび工場プラントで使用される制御システムの稼動停止や破壊を狙ったサイバー攻撃が、世界的に頻発している現状を受け、同省では攻撃への対応を強化するために演習を実施するもの。

演習では、模擬システムを用いて実際にインシデントが発生した場合の課題を検証。電力分野では日立製作所の大みか事業所、ガス分野ではアズビルの研究開発拠点である藤沢テクノセンター、ビル分野ではアークヒルズ仙石山森タワーにおいて、2月から3月にかけて実施される。

今後は演習で得られた課題をもとに、攻撃へのさらなる対応強化を図る。そのため、宮城県多賀城市に構築中の東北多賀城技術センターを中心に、より安全な制御技術の研究、開発を官民共同で進めるとしている。

(Security NEXT - 2013/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
米CISA、悪用済み脆弱性リストに10件追加 - 早急に対処を
PEARライブラリ「Archive_Tar」の脆弱性、攻撃の標的に - CMSなどにも影響
Palo Alto製品の脆弱性を悪用した反射型DoS攻撃が発生
「Zimbra」の複数脆弱性が攻撃の標的に - 攻撃ツールの販売も
Palo Alto製品の既知脆弱性、悪用に要警戒 - パッチ適用状況の確認を
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性