Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報の保存場所を誤って教室内に掲示 - 東京工業高専

東京工業高等専門学校は、学生の個人情報や成績などが校内のサーバ上で関係者以外から閲覧できる状態にあったことを明らかにした。

同校によれば、データは学内サーバ上に保存されており、本来は関係する教職員のみに周知する資料の保存場所を誤って2日にわたり教室内に掲示。関係者以外がデータを閲覧できる状態だった。

同校1年生全員の氏名、クラス、学籍番号、志望学科、志望動機、成績、ホームルーム出席状況といったデータを取得できる状態だった。情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市