Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報の保存場所を誤って教室内に掲示 - 東京工業高専

東京工業高等専門学校は、学生の個人情報や成績などが校内のサーバ上で関係者以外から閲覧できる状態にあったことを明らかにした。

同校によれば、データは学内サーバ上に保存されており、本来は関係する教職員のみに周知する資料の保存場所を誤って2日にわたり教室内に掲示。関係者以外がデータを閲覧できる状態だった。

同校1年生全員の氏名、クラス、学籍番号、志望学科、志望動機、成績、ホームルーム出席状況といったデータを取得できる状態だった。情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市