Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、メールサービスにURLの安全性チェック機能をトライアルで追加

BIGLOBEは、同社メールサービス「BIGLOBEメール」において、メール本文内に記載されたURLの安全性を診断する「URL安全チェック」をトライアルとして導入した。

同機能は、本文中に記載されたURLにマウスオーバーすることで、フィッシング攻撃やマルウェア感染サイトなど、リンク先に問題がないかポップアップによるアイコンやメッセージで確認できるサービス。同機能を提供するにあたり、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)とマカフィーのエンジンを採用した。

今回のトライアルは、2013年4月1日まで実施する予定で、期間中は無償で利用できる。同社では、トライアルの結果を元に一層セキュリティを強化し、利便性向上を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2012/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure