Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Trend Micro Control Manager」にSQLインジェクションの脆弱性

トレンドマイクロの「Trend Micro Control Manager」に、「SQLインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

JVNによれば、アドホッククエリのモジュールに不具合が存在しており、製品が使用するデータベースにおいて任意のSQLコマンドが実行されるおそれがあるという。

脆弱性が含まれているのは、日本語版の「同5.5.0.1823」および英語版の「同5.5.0.1823」」「同6.0.0.1449」。以前のバージョンも影響を受ける。すでに脆弱性を修正するためのアップデートが提供されている。

今回の脆弱性は、SpenteraのTom Gregory氏およびMada R Perdhana氏が、JPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を行った。

(Security NEXT - 2012/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性