Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

145台の「iPhone 5」や申込書が販売店で盗難 - 防犯システム、施錠管理するも防げず

ソフトバンクモバイルの販売代理店で盗難が発生し、最新機種である「iPhone 5」をはじめとする端末や申込書類が被害に遭ったことがわかった。

「iPhone 5」発売日である9月21日未明に九条店、大久保インター店、高槻市役所前店の3店舗において盗難が発生したもの。「iPhone 5」145台や「モバイルWi-Fiルータ」41台をはじめ、携帯電話や周辺機器などあわせて206台が被害にあった。

同時に、iPhone予約時に使用する書類149件も持ち去られている。書類には申込者の氏名、住所、電話番号、生年月日が記載されていた。そのうち11件には口座番号も含まれる。

各店舗には防犯システムを設置していたほか、保管場所はいずれも施錠管理していたという。盗難判明後、警察へ被害届を提出したが盗難物は見つかっていない。

同社では対象となる顧客に報告と謝罪を進めており、店舗の防犯体制についても強化する。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用
偽ヤマダ電機の詐欺メールに注意 - 「iPhone 11 Pro Max当選」と誘導
Apple、「iOS 13.1」をリリース - 脆弱性の修正内容は不明
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析