Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正Androidアプリ「オバマ対ロドニー」出回る - 一時Google Play上でも

トレンドマイクロは、米大統領選に便乗した不正なAndroidアプリ4件を確認した。「Google Play」でも一時配信されていたという。

今回同社が確認したのは、11月に予定されている米国大統領選挙に便乗したAndroidアプリ。候補者である現大統領のバラクオバマ氏と対立候補のミットロムニー氏とあたかも関連するかのように見せかけており、誤ってインストールすると、ユーザー情報が窃取される。

そのひとつである「Obama vs Romney」は、位置情報の取得を要求する不正アプリ。広告配信サイトに接続するアドウェアで、利用者の意図に反して広告配信が行われる可能性があるという。

さらに位置情報にくわえ、端末IDやWi-Fi情報を取得する「Captain America Barack Obama 1.0」や、「Barack Obama Campaign LWP 1」「Mitt Romney Live Wallpaper 1」といったアプリが出回っている。これらアプリは、非公式のサイト上で公開されているほか、公式サイト「Google Play」でも一時配信されていたという。

同社では、不正アプリによる被害を防止するため、「Google Play」や信用できるAndroidマーケット以外を利用しないよう推奨。不正サイトへの接続や不正アプリのインストールを防ぐセキュリティ対策ソフトの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス