Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FC店で盗難、顧客情報記載のポイントカード申込書が被害 - シャトレーゼ

シャトレーゼは、フランチャイズ店舗において盗難が発生し、顧客情報が記載されたポイントカード入会申込書44件が盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、茨木南店の事務所内で保管していた「シャトレーゼクラブ」に入会した44人分の申込書。7月17日未明に同店へ何者かが侵入し、現金とともに盗まれたという。

これら申込書は、6月28日から7月16日にかけて受け付けたもので、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、家族に関する情報などが記載されていた。

同社では申込書の原本が盗まれたため、対象となる顧客の特定ができないとして、店頭で告知を実施。申し出のあった顧客に対して説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
ポイントカード申込書が金庫ごと盗難 - シャトレーゼ
マイナンバー含む扶養控除申告書が車上荒らしで盗難 - 鳥貴族FC加盟店
不動産店従業員が芸能人の賃貸物件情報をTwitterへ投稿
料金収納の払込票が現金とともに盗難 - サークルKサンクス
店舗駐車場で車上荒らし、個人情報入りPCが盗難 - ココイチ
メール誤送信で顧客のアドレス946件漏洩 - リハコンテンツ