Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「住信SBIネット銀行」を装ったフィッシング詐欺が発生

「住信SBIネット銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、同行やフィッシング対策協議会は、注意喚起を行った。

同行のオンラインバンキングサービス「SBIダイレクト」の利用者から個人情報を引き出すメールが不特定多数に送信されているもの。問題のメールは、口座に異常が生じているなどと利用者を騙して偽サイトへ誘導する内容。フィッシングサイト上で「ユーザー名」や「ログインパスワード」「取引パスワード」「認証番号表」などを騙し取る。

フィッシングサイトは、16時半の時点で稼働しており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼した。

また同行では、電子署名付きメールを送信しており、対応メールクライアントの利用を推奨。署名や送信元が正しく表示されているか確認するよう利用者に呼びかけている。また電子署名を付属しない電子メールについては、メール中にリンクは記載していないと説明している。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス