Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン、セキュリティ問題でスマホ向け無線LANサービスを見直し

ローソンは、店舗で提供しているスマートフォン向け無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」のセキュリティ対策を発表した。

同社は、4月6日に同サービスを共通ポイントカード「Ponta」の利用者へ全国の店舗にて提供すると発表したが、レシートへ印刷される「Ponta ID」や公開情報である生年月日や電話番号をサービスの認証に利用していたことから、問題を指摘する声があがり、対応を講じると4月10日にアナウンスしていた。

同社では、4月24日よりレシートに印字されるPonta会員ID番号の一部についてマスキングを開始。また5月1日にアプリを更新し、通信で取得する情報や、会員規約における禁止事項、利用記録の保存に関する項目を変更した。

またローソンアプリのログインに任意のパスワードが利用できる機能については、6月中旬より提供する予定だという。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?