Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データをHDD上に残させない「Eugrid SecureDesktop」の最新版が発売

Eugridは、作成したデータをハードディスク上に残存させないデスクトップ環境を実現するセキュリティソフト「Eugrid SecureDesktop」の最新版を、2月1日より発売する。

「同2.0」は、PC上へ機密情報などを残存しないデスクトップ環境を実現するセキュリティ対策ソフト。ログオン中のデータをすべてRAM上に保存されるため、ログオフやシャットダウン時に削除されるため、データの紛失や盗難のリスクを低減できる。

ウェブアプリやリモートデスクトップといった利用のほか、オフライン時に単独利用も可能。管理者は接続先や、外部デバイス、印刷など、操作を制限することができる。

価格は、PC1台あたり9800円。試用版も提供されている。

(Security NEXT - 2012/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など