Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定例アップデートで「Adobe Reader」と「Acrobat」の深刻な脆弱性を修正

Adobe Systemsは、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」向けに、深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデート「同X(10.1.2)」および「同9.5」を公開した。またLinux向けに「同9.4.7」の提供を開始している。

今回のアップデートは、「Windows」と「Mac」を対象とした定期更新。2011年12月にセキュリティアドバイザリを公開し、同月に先行して「Windows」にアップデートを緊急公開した「CVE-2011-4369」を含む6件の脆弱性を修正している。

これら脆弱性を攻撃された場合、メモリ破壊などが発生し、アプリケーションがクラッシュして任意のコードを実行されるおそれがある。

脆弱性の影響を受けるのは、両プラットフォームの「同X(10.1.1)」、Windows版の「同9.4.7」、Mac版の「同9.4.6」、および以前のバージョン。12月の定例外アップデートを適用している場合も、再度適用する必要がある。

また12月に公開したセキュリティアドバイザリへの対応として、Linux向けに最新版となる「Adobe Reader 9.4.7」を公開している。

(Security NEXT - 2012/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正