Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外務省に標的型攻撃、一部在外公館で感染 - 情報漏洩は確認されず

外務省の一部在外公館などに対する標的型攻撃が6月以降に増加し、ウイルス感染などが発生していたことがわかった。情報漏洩は確認されていないという。

同省では、機密情報を扱わず一般的な事務連絡に利用するオープンLANと、機密情報を扱うクローズドLANを利用しているが、オープンLANが攻撃を受け、ウイルス感染が発生したという。同省では、9月以降監視体制を強化しており、調査などを進めている。

同省では、具体的な在外公館や攻撃の発信源については、セキュリティ上の問題として言及を避けた。情報漏洩は確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知