Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外務省に標的型攻撃、一部在外公館で感染 - 情報漏洩は確認されず

外務省の一部在外公館などに対する標的型攻撃が6月以降に増加し、ウイルス感染などが発生していたことがわかった。情報漏洩は確認されていないという。

同省では、機密情報を扱わず一般的な事務連絡に利用するオープンLANと、機密情報を扱うクローズドLANを利用しているが、オープンLANが攻撃を受け、ウイルス感染が発生したという。同省では、9月以降監視体制を強化しており、調査などを進めている。

同省では、具体的な在外公館や攻撃の発信源については、セキュリティ上の問題として言及を避けた。情報漏洩は確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加