Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都圏と東北結ぶ高速バスの予約名簿が所在不明に

高速バス9路線の乗客リスト1万4006件が記録されたCD-Rが、配送途中に所在不明になっていることがわかった。

所在不明となっているのは、関東や東北、空港などを結ぶ高速バス9路線の予約者リストが保存されていたCD-R。予約システムを運営する工房が、8月2日にバス会社へ発送したが、4日になって佐川急便から配送途中で紛失したとの報告を受けたという。

CD-Rには、7月1日から31日までのキャンセル分もあわせた1万4006件の予約データが記録されており、予約者のカタカナ氏名、電話番号、性別など個人情報が含まれる。

また今回の紛失を受けて工房では、対象となる予約者に対し個別に連絡を取っている。また国際興業や西武バス、京成バス、JRバス東北など、各路線を運行する関連バス会社10社もアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2011/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
サーバ上の顧客情報が削除される、流出の可能性も - エディオン
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
料金収納の払込票を運送途中で紛失 - デイリーヤマザキ
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE