Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェアの脆弱性届け出が倍増、436件が未修正 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2011年第2四半期の脆弱性に関する届け出状況を取りまとめた。ソフトウェアに関する届出が増加し、未修正が400件を超えるなど深刻な状況が続いている。

110729ip_01.jpg
IPAへの届け出件数推移(グラフ:IPA)

同機構によれば、同四半期の届け出はソフトウェア関連が44件、ウェブアプリケーション関連が39件のあわせて83件。前四半期と比較してウェブアプリは減少する一方、ソフトウェアが倍増した。

届出件数の累計は6651件となり、全体の82%をウェブアプリに関するものが占めている。1日あたりの届出件数は3.91件で、ピークだった2009年第2四半期の4.65件から減少傾向が続いている。

脆弱性の届出があったソフトウェア製品の内訳を見ると、最も多かったのは「ルータ」。「ウェブアプリケーションソフト」「周辺機器」と続く。脅威の種類では「サービス不能」が42%を占め、次いで「なりすまし」が多く、この2つで全体の6割強を占めた。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題