Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、16件の月例セキュリティ更新プログラムを提供開始 - 深刻度「緊急」は9件

日本マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新プログラム16件を公開した。これらパッチを通じ、あわせて37件の脆弱性を解消している。

今回の月例パッチでは、「Internet Explorer」における累積的な脆弱性を修正した「MS11-050」をはじめ、深刻度がもっとも高い「緊急」に設定されているプログラムは9件。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

IE向けのパッチである「MS11-050」では、未公開の脆弱性11件を修正した。ただし悪用された場合、ウェブへアクセスしただけでコードを実行されるおそれがある脆弱性が含まれているため、注意が必要。

さらに「MS11-041」では、細工した「OpenTypeフォント」を表示することにより、リモートでコード実行される「カーネルモードドライバ」の脆弱性へ対応した。

(Security NEXT - 2011/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ