Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、16件の月例セキュリティ更新プログラムを提供開始 - 深刻度「緊急」は9件

日本マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新プログラム16件を公開した。これらパッチを通じ、あわせて37件の脆弱性を解消している。

今回の月例パッチでは、「Internet Explorer」における累積的な脆弱性を修正した「MS11-050」をはじめ、深刻度がもっとも高い「緊急」に設定されているプログラムは9件。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

IE向けのパッチである「MS11-050」では、未公開の脆弱性11件を修正した。ただし悪用された場合、ウェブへアクセスしただけでコードを実行されるおそれがある脆弱性が含まれているため、注意が必要。

さらに「MS11-041」では、細工した「OpenTypeフォント」を表示することにより、リモートでコード実行される「カーネルモードドライバ」の脆弱性へ対応した。

(Security NEXT - 2011/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応