Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員宅のLAN経由で業務PCがウイルス感染、顧客情報がネット流出 - ミスミグループ本社

ミスミグループ本社は、従業員宅のLANに接続されていた業務用PC内の顧客情報がネット上へ流出したと発表した。

流出したのは、2009年度の月次購入集計データ、および2010年1月15日から4月5日の発注データ。顧客企業や納入先の担当者氏名、ファックス番号、購入金額、請求情報など3万6504社分の情報が含まれる。

従業員の私有PCがウイルスに感染し、さらに同じ自宅内LANに接続していた会社貸与の業務用PCへ感染。内部に保存されていた顧客情報入りのファイルが、5月3日から5日にかけてネット上に流出したという。

同社では、流出した情報の詳細に関する問い合わせには、個別に対応するとしている。

(Security NEXT - 2011/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市