Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報関連の事故2件を公表 - 三井不動産レジデンシャル

三井不動産レジデンシャルは、3月から4月にかけて発生した顧客情報関連の事故2件について公表した。

同社によれば、1件は3月30日に発生したファックスの誤送信で、新宿区所在のマンションに居住する顧客1人の氏名、物件名、部屋番号などが記載された書類を、誤って送信した。書類はすでに回収しているという。

また4月11日には、堺市所在のマンションに居住する顧客1人の氏名、住所、部屋番号などが記載された書類の紛失が判明した。

いずれも、不正利用は確認されておらず、対象となる顧客への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
飲食店で預けた鞄が別人の手に - 個人情報が所在不明
分譲マンションの顧客情報を記載した書類が盗難 - ワールド・エステート
委託先従業員が顧客情報含む帳票を紛失 - 住宅設備機器メーカー
管理マンション居住者の個人情報含む名簿を紛失 - 東急不動産グループ会社