Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高校で中学校から送られた新入生の個人情報を紛失 - 静岡

静岡県立沼津西高校において、新入生20人分の指導要録や健康診断票が所在不明になっている。

所在がわからなくなっているのは、新入生の出身中学校から送られた生徒指導要録、および健康診断票のうち6校20人分。3月下旬に同校の職員が受け取り、事務室内の段ボール箱に収納していた。

その後4月8日に職員室へ移動させ、11日に書類をクラスごとに仕分けしたところ、紛失が判明したという。関係箇所を捜索しているが発見できていない。同校では対象生徒の保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
府立高で生徒個人票2クラス分が所在不明に - 大阪府
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
能力測定サービスで他人の受験結果が閲覧可能に - Z会
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中