Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例アップデートが公開 - 29件の脆弱性を解消

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat X(10.0)」および「Adobe Reader X(10.0)」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデート「同10.0.1」を提供開始した。旧バージョン向けのアップデートも用意している。

今回のアップデートは、四半期に1度実施している定例更新。同社では、同じく脆弱性の影響を受ける「同9.4.1」や「同8.2.5」、および以前のバージョンを引き続き利用するユーザーに対しても、アップデート「同9.4.2」や「同8.2.6.」を公開した。

脆弱性は、「Windows」「Mac」「UNIX」いずれのプラットフォームにも影響があり、あわせて29件の脆弱性を修正した。UNIX向けのアップデートのみ、2月28日の週に提供を予定しており、ユーザーは注意が必要。

今回のアップデートでは、「入力内容のチェック」や「ライブラリの読み込み」などの処理に含まれる問題や「メモリ破壊」が発生する脆弱性を解消する。細工されたファイルを開くなど脆弱性が攻撃された場合、アプリケーションがクラッシュし、コードが実行されたり、サービス拒否などが発生するおそれがあるという。

(Security NEXT - 2011/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応