Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界に先駆けて携帯端末の「VISA認証サービス」を国内で運用

ビザ・ワールドワイドは、日本国内においてモバイル端末に対応した本人認証サービス「VISA認証サービス」のパイロット運用を10月より開始する。

同サービスは、3-Dセキュアをもとに開発されており、Visaカード利用者が決済時にパスワード認証を実施することで第3者によるカード不正使用を防止する本人認証サービス。現在14のカード発行会社を通じてサービスが提供されている。

同社ではあらたにモバイルの仕様対応を決定。携帯電話を利用したショッピング時に利用できるサービスを開発し、世界に先駆けて国内でサービスを展開する。対応端末は、「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」3G以上で、フルブラウザ機能やスマートフォンでも利用できる。

(Security NEXT - 2010/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
サイバーソリューションズ、メールセキュリティ製品にマイナンバー監査機能
ソフトバンク、法人向けMDMにスマホアプリ監視ツール
SB、携帯電話向けに「迷惑電話ブロック」 - 発信時にも警告