Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害で閲覧者にウイルス感染のおそれ - リム情報開発

リム情報開発は、7月9日に不正アクセスの被害によるウェブサイトの改ざんが発生し、期間中に閲覧した利用者にウイルス感染のおそれがあることを明らかにした。

同社によれば、同日4時から16時にかけて改ざんされた状態となり、改ざんされたページを閲覧した場合、ウイルスへ感染するおそれがあったという。個人情報の漏洩については否定している。

すでにウェブサイトの修正は完了しており、同社では心当たりがある利用者に対して、ウイルス感染の確認や駆除を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
ラネクシーの一部製品サイトが改ざん - 海外サイトに誘導
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社