Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、フィッシング情報をG Dataへ提供

フィッシング対策協議会とJPCERTコーディネーションセンターは、G Data Softwareに対するフィッシング詐欺サイトに関する情報の提供を開始した。

フィッシング対策協議会では、2月より収集したフィッシング詐欺サイトのURL情報について無償提供を開始しており、セキュリティ対策ベンダーやフィルタリング事業者、大手プロバイダなどが採用している。

G Data Softwareでは、4月に契約を締結。情報提供受けた情報を7月より発売するコンシューマー向け製品へ反映させていく。

(Security NEXT - 2010/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
セミナー事務局のメルアカからスパム送信、原因を調査 - 広島県
5月のフィッシング報告、前月比34.6%増 - 過去3番目の規模に
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂