Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、フィッシング情報をG Dataへ提供

フィッシング対策協議会とJPCERTコーディネーションセンターは、G Data Softwareに対するフィッシング詐欺サイトに関する情報の提供を開始した。

フィッシング対策協議会では、2月より収集したフィッシング詐欺サイトのURL情報について無償提供を開始しており、セキュリティ対策ベンダーやフィルタリング事業者、大手プロバイダなどが採用している。

G Data Softwareでは、4月に契約を締結。情報提供受けた情報を7月より発売するコンシューマー向け製品へ反映させていく。

(Security NEXT - 2010/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導