Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報を公開領域に保存、外部から閲覧可能に - 徳島大

徳島大学は、総合科学部の教員が学部内のサーバで開設したウェブページにおいて、学生の個人情報が、閲覧可能だったことを明らかにした。

閲覧可能な状態だったのは、2002年から2009年度に在籍していた学生および卒業生の個人情報。氏名や学籍番号のほか、在籍時の異動情報も含まれる。

同教員が学部内の委員会運営を行うため、資料として学生の個人情報を収集。学部が管理するサーバ内に開設したウェブサーバに保存していたが、公開領域だったことから、外部から閲覧できる状態になったという。同大学では、対象となる学生に順次連絡し、説明と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2010/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで