Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」のパッチが6月29日に公開 - 当初対象外だった「同8」ユーザーにも影響

Adobe Systemsは、6月29日に「Adobe Reader」および「同Acrobat」のアップデートを公開する。今回のアップデートでは7月に提供予定のプログラムも含まれ、適用ユーザーが当初より拡大している。

同社は6月4日に、「Adobe Reader 9.x」「同Acrobat 9.x」に含まれるコンポーネント「authplay.dll」に脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公表。6月29日にアップデートを提供する方針であることをアナウンスしていた。

同社は予定通りアップデートを公開する計画だが、さらに7月13日に公開を予定していた四半期ごとの定例アップデートを前倒しで提供する方針を明らかにしており、次回の定例アップデートは見送りとなる。

そのため、アップデートの対象ユーザーが6月4日のアドバイザリ公開時より拡大しており、注意が必要だ。当初公表された脆弱性は「同9」のみ影響を受けるが、今回の前倒しにより「同8」についても、深刻な脆弱性が解消される予定。

(Security NEXT - 2010/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表