Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会がネットスターのURLデータベースへフィッシングURLを提供

フィッシング対策協議会とJPCERTコーディネーションセンターのフィッシング詐欺サイト情報がネットスターへ提供されることになった。

ネットスターでは、フィルタリングなどセキュリティ製品や携帯電話向けのURLデータベースを提供しており、今回の連携により同協議会が保有するフィッシングサイトのURLデータを追加する。フィルタリング事業者が提供を受けるのは今回がはじめて。

今回の提携を通じてデータベースの提供を受けている携帯電話会社やアルプスシステムインテグレーション、トレンドマイクロなどの製品にも反映される。

フィッシング対策協議会では、2月よりフィッシングサイトのURLデータベースを会員向けに提供しており、ヤフーやKaspersky Labs Japanなども提供を受けている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社