Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新ブラウザ「Safari 5」では40件以上の脆弱性を解消 - 同4.1も公開へ

米Appleは、「HTML 5」への対応など機能強化が行われた同社ウェブブラウザの最新版「Safari 5」を公開した。同バージョンでは、多数脆弱性が解消されており、同様の問題に対処した従来バージョンのアップデート「同4.1」もあわせて公開されている。

今回のアップデートでは、ユーザーの利用環境に多少左右されるが、「Safari」本体のほか、「WebKit」「ColorSync」などあわせて47件に対応した。Windows、Macいずれのプラットフォームも影響を受ける。

脆弱性が含まれる処理は、「PDFファイル」「スタイルシート」「URL」「ウィンドウ」「クリップボード」「エンコード」など多岐にわたっている。脆弱性が悪用された場合、不正なコードが実行されたりフィッシング被害やクロスサイトスクリプティングなど被害を受ける可能性がある。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」