Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信データの検査や保存が可能なファイル転送システム

キヤノンITソリューションズと日本システムディベロップメントは、両社製品を組み合わせたファイル転送システムを5月25日より開する。

今回提供するのは、キヤノンITSのウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」とNSDのファイル転送システム「eTransporter」を組み合わせたソリューション。ファイルの検査、アーカイブした上で外部へ送信できる。

大容量のファイル転送にも対応しており、自動暗号化が可能。チェック時のレポートや送信時の監査ログを取得することもできる。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東