Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信データの検査や保存が可能なファイル転送システム

キヤノンITソリューションズと日本システムディベロップメントは、両社製品を組み合わせたファイル転送システムを5月25日より開する。

今回提供するのは、キヤノンITSのウェブフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」とNSDのファイル転送システム「eTransporter」を組み合わせたソリューション。ファイルの検査、アーカイブした上で外部へ送信できる。

大容量のファイル転送にも対応しており、自動暗号化が可能。チェック時のレポートや送信時の監査ログを取得することもできる。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス