Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

採用管理システムで学生情報が流出 - 原因は認証不要の「ログイン用URL」

ウィルソン・ラーニングワールドワイドが運営、エン・ジャパンが販売する採用管理システム「EmPro-Aid First」において、一部登録学生の個人情報がネット上に流出していたことがわかった。サービスを利用する学生が、ログイン用のURLを公開したのが原因だとしている。

個人情報の流出が発生したのは、同システムを利用している企業の新卒採用試験に応募した2011年4月入社予定の学生9人の個人情報。情報は個人によって異なるが、氏名、電話番号、学校名、学部および学科名、メールアドレス、志望動機などが含まれる。

両社では当初、不正アクセスの可能性があるとしていたが、その後の調査により、同システムが利用者ごとに発行するログイン用のURLを、学生が外部へ公開したことから検索エンジンに登録され、流出につながったことが判明したという。さらに流出したURLは、掲示板へ掲載されるなど被害が広がった。

同社の説明によれば、今までに同様の事故は発生していないが、再発防止のためにIDとパスワードを利用した認証システムへ仕様を変更し、5月31日より提供する。また同社では今回の件を受け、対象となる学生や企業に対し、説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社