Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が開設したサイトから学生の個人情報が流出 - 北海道教育大

北海道教育大学は、札幌校の教員が関係者向けに開設しているサイト上で掲載していた在学生や卒業生の個人情報が、インターネット上から閲覧可能だったことを明らかにした。

閲覧可能だったのは、2009年度に基礎学習開発専攻算数グループに所属していた2年生から4年生61人の履修登録状況および合否結果。そのほか、4年生26人については卒業後の進路計画、3年生12人についてはゼミ希望調査の結果なども含まれる。

同サイトにはアクセス制限が設けられていたが、設定に不備があったことからサイトに掲載されている個人情報が閲覧可能となり、検索エンジンなどへ登録されたという。

事故判明後、サーバを停止し、同大では対象となる学生および卒業生に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も