Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「抵当権設定契約証書」の紛失が解除申出で判明 - 浜松信金

浜松信用金庫は、原島支店で顧客の個人情報を記載した書類「抵当権設定契約証書」を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、氏名や住所など2人分の個人情報が記載された「抵当権設定契約証書」1件。同金庫によれば、顧客が抵当権の一部について解除を申し込んだ際に確認したところ、書類がなくなっていることに気が付いたという。

同社では顧客に謝罪し、申し込みへ対応した。紛失した情報が不正に利用された形跡はないとしている。

(Security NEXT - 2010/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市