Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE向け緊急パッチを31日に公開しゼロデイ攻撃へ対応 - 別の深刻な脆弱性も解消

マイクロソフトは、「Internet Explorer 6」「同7」のセキュリティ更新プログラムを31日に定例外で公開すると発表した。すでにゼロデイ攻撃が発生している脆弱性以外にも、深刻な脆弱性を解消するプログラムになるという。

同社が、3月10日にアドバイザリ「981374」を公開していた問題へ対応するもので、すでに脆弱性に対する攻撃が確認されているが、今回リリースされる更新プログラムでは累積的な問題へ対応するとしており、同脆弱性以外にも、複数の深刻度が「緊急」とされる脆弱性を解消する予定。

問題となっている脆弱性は「IE 8」をインストールしている場合、脆弱性の影響は受けないが、同社では全バージョンに対して適用を推奨する方針だという。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正