Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスチェックやデータの有効期限が設定できる「SecureDevice」上位版 - ALSI

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ネットワーク環境に対応したセキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Professional」を、3月26日より発売する。

同ソフトは、汎用のUSBメモリを暗号化し、データの利用を管理できる「InterSafe SecureDevice」の上位モデル。「Professional版」では、ネットワーク環境への対応など新機能を追加した。

接続先PCにウイルス対策ソフトがインストールされているかチェックし、対策が不十分な場合はアラートを表示する機能や、USBメモリ内のログを定期的に自動送信する機能、設定した有効期限が過ぎたUSBメモリ内のデータを自動で破棄する機能などが追加された。

価格は、サーバーライセンスが14万7000円から、USBメモリライセンスが7560円から。アカデミック版の価格は、サーバーライセンスが10万2900円から、USBメモリライセンスが5250円からとなっている。

(Security NEXT - 2010/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給