Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兼松エレとデル、統合ログ管理ソリューションを提供開始

兼松エレクトロニクスとデルは、共同で統合ログ管理ソリューションを提供開始した。

同製品は、兼松エレが取り扱う米LogLogicのログ管理ソリューション「LXファミリー」「ST2010」「MX2010」とデルのiSCSIに対応した仮想化ストレージ「Dell EqualLogic」を組み合わせたソリューションパッケージ。

ネットワーク機器のログを収集、分析することが可能で、不正行為の検知、レポートの作成など実現し、コンプライアンス準拠や内部統制、情報セキュリティ対策を支援する。

今後両社は、同ソリューションの拡販やサポートの提供を共同で展開するほか、セミナーの開催などマーケティング活動で協力していく。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール