Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兼松エレとデル、統合ログ管理ソリューションを提供開始

兼松エレクトロニクスとデルは、共同で統合ログ管理ソリューションを提供開始した。

同製品は、兼松エレが取り扱う米LogLogicのログ管理ソリューション「LXファミリー」「ST2010」「MX2010」とデルのiSCSIに対応した仮想化ストレージ「Dell EqualLogic」を組み合わせたソリューションパッケージ。

ネットワーク機器のログを収集、分析することが可能で、不正行為の検知、レポートの作成など実現し、コンプライアンス準拠や内部統制、情報セキュリティ対策を支援する。

今後両社は、同ソリューションの拡販やサポートの提供を共同で展開するほか、セミナーの開催などマーケティング活動で協力していく。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC