Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar亜種」による改ざんで約4週間にわたり危険な状態に - 東急ステイ

ホテルチェーンを展開する東急ステイサービスのウェブサイトが、不正アクセスを受けて約4週間にわたり改ざんされた状態だったことがわかった。

2009年12月26日から2010年1月20日にかけて、「Gumblar」の亜種が原因で改ざんされた状態となっていたもの。同期間中に同社サイトへアクセスした場合、不正サイトへ誘導され、ウイルスへ感染している可能性がある。

同社では改ざんされたページを削除し、正常なデータへ入れ替えを実施。現在は通常通り提供している。期間中に閲覧した利用者に対しては、ウイルスへ感染していないか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク