Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1年以上前の脆弱性を放置するDNSサーバについて再度注意喚起 - 1年で600件以上の届け出

情報処理推進機構(IPA)は、2008年7月に明らかとなったDNSキャッシュポイズニングの脆弱性について、いまだに解消されていないDNSサーバが存在し、同機構へ届け出が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同機構では、脆弱性判明直後にくわえ、約4カ月経過した2008年12月にも届け出が多いとして注意を呼びかけている。2008年11月末の時点で届け出は666件だったが、2009年11月末の時点で1307件と倍近くまで増加。DNSサーバの運営主体としては、地方公共団体が649件ともっと多く、企業が409件、政府機関が95件と続いている。

091210ip.jpgパッチの未適用や設定変更未実施の運営主体(IPA)

同機構では、脆弱性関連情報の届け出に関する受付機関に指定されているが、効率化を理由に、不適切な運用に関して広く注意喚起を実施した上で、処理については取り扱いを中止している。今後は、同機構では同脆弱性の届け出について受理するものの、統計のみの利用にとどめる。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ