Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム開発向け「疑似個人情報」を生成できるソフト - 口座やカード番号も

People to People Communicationsは、架空の個人情報を生成するソフト「PPDGen:疑似個人情報ジェネレータ」を9月25日より発売する。

同ソフトは、システム開発のテストに利用できる架空の個人情報を生成する製品。統計データに基づいて1度に300万件の疑似個人情報が生成できる。氏名や住所、生年月日のほか、クレジットカード番号や口座番号など16種のデータが生成することが可能。

管理画面から生成データの選択やカスタマイズが容易に行える。専用ウェブサイトからのライセンス販売で、1ライセンス込みのStandard Editionが2万9800円、20ライセンス込みのEnterprise Editionが7万9800円。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI