Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療従事者免許に関する申請書類4件の紛失が判明 - 大阪市

大阪市は、今年4月から5月にかけて阿倍野区ほか2区の保健福祉センターに提出された医療従事者免許に関する申請書類が、所在不明になっていると発表した。

紛失したのは、5月13日に受け付けた看護師および臨床検査技師免許に関する申請書類4件。申請者の氏名、住所、電話番号、本籍地、生年月日などが記載されているほか、添付書類として戸籍関係証明書類なども含まれる。

8月26日に阿倍野区保健福祉センターから免許証が発行されていないとの問い合わせがあり判明した。市の保健所で調べたものの受付簿に記載はなく、捜索を行ったが発見できなかったことから、紛失と断定した。

さらに同様の事故が発生していないか確認を行ったところ、西成区保健福祉センター受付分2件と東成区保健福祉センター受付分1件でも紛失が発生しており、同市では対象となる申請者に説明と謝罪を行った。

今回の事故を受け、各区保健福祉センターと市保健所の間で書類を受け渡す際には送付書や受領書を作成するなど、管理を強化する。

(Security NEXT - 2009/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市