Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で顧客のアドレス流出 - 紙の輸入販売代理店

石が原料の紙を輸入、販売するTBMは、メールマガジンを配信した際、誤って配信先のアドレス525件が表示された状態で送られたことを公表した。

誤送信が発生したのは、8月27日14時9分に配信したメールマガジン。操作ミスにより、宛先に顧客525人のメールアドレスを記載して送信した。配信後に顧客から指摘を受けて問題が判明。14時44分に対象となる顧客にメールで連絡し、説明と謝罪を行った。

流出したアドレスの悪用は確認されていないが、同社では受信者に架空請求など注意喚起を行っている。メール送信前の確認やテスト送信の徹底、社内規定の整備など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社