Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電源オフでも遠隔操作でデータ消去できる法人向けノートPC - 富士通

富士通は、遠隔操作でハードディスク内のデータを消去したりPCをロックできるセキュリティ機能「CLEARSURE」を搭載した法人向けノートPC「FMV-S8390」を、9月上旬より発売する。

同製品は、紛失や盗難対策として遠隔操作によるデータ消去やPCロックが実行できるセキュリティソリューション「CLEARSURE」を搭載した法人向けノートPC。遠隔操作にはウィルコムのPHSを活用している。

データ消去機能は、暗号化ハードディスクの暗号鍵を消去することで、データの復号を困難にするもので、PCが通信圏内であれば電源オフの状態でも実行することが可能。「CLEARSURE」の機能は1年間提供され、購入時のオプションにより最長5年まで延長できる。

また同機能のほか、セキュリティチップや指紋センサー、Felica、スマートカードなど複数のセキュリティ機能に対応している。価格は「Intel Core2Duo P8700」搭載モデルが26万1450円。「Intel Celeron 900」搭載モデルが22万6800円。

FMV-S8390

(Security NEXT - 2009/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも