Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けウイルスバスターのクリティカルパッチを公開中止、リバック版を公開

トレンドマイクロは、法人向けウイルスバスターのセキュリティ更新プログラムについてリバック版を提供している。

7月30日より配布している「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0 Critical Patch(ビルド 3356)」について、一部環境で同バージョンを適用環境においてクライアントへ更新プログラム「Critical Patch」の配信が正常へ行われないことを同社が確認し、対応したもの。

影響を受けるのは、「ウイルスバスター Corp 8.0 SP1 Patch1」および「同3.1」で、同社では公開を8月17日に中止し、同日よりリバック版を提供している。

ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0 Critical Patch (ビルド 3356)のリパック版公開のお知らせ
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1290

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計