Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた国際システムが調査結果を発表 - 個人情報流出の事実判明せず

ウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報の可能性があるとして事故を公表していた国際システムは、その後の調査で個人情報の流出は確認できなかったと発表した。

同社のウェブサイトが3月に不正アクセスを受け、何者かがサーバへ侵入したもの。問題のサーバ内には2005年1月以降に同社を利用した顧客情報が残存していたことから、事故を公表し、同社では調査を進めていた。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も