Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が記載されたリストを紛失 - J:COM北河内

北河内ケーブルネットは、守口市内で顧客情報118件が記載されたリストを紛失したことを明らかにした。

所在不明となっているのは、顧客118人の氏名、住所、電話番号など個人情報を記載したリスト。1月22日15時40分ごろ、大阪府守口市藤田町付近において同社従業員が紛失したという。

同社では警察へ被害を届け出た。同社では今回の事故を受け、社員教育の見直しなど再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市