Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの脆弱性パッチ、関連団体やセキュリティベンダーも注意喚起

マイクロソフトが、「Internet Explorer」の脆弱性を解消する定例外パッチ「MS08-078」を公開したことから、セキュリティ関連組織やベンダーも適用を呼びかけている。

情報処理推進機構やJPCERTコーディネーションセンター、警察庁などアナウンスを実施したほか、検証レポートを公表していたNTTデータ・セキュリティについてもレポートを更新し、対策を呼びかけている。

今回公開された「MS08-078」は深刻度が「緊急」で、脆弱性が解消されていない場合、ウェブページを閲覧しただけでリモートでコードが実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正