Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB化した顧客情報をネット上で誤って公開 - NTT西委託先

NTT西日本は、業務委託先から顧客情報130件が流出したと発表した。データベースをネット上で誤って公開していたという。

流出したのは、NTT西日本島根支店の個人顧客128件および法人顧客2件の氏名、住所、電話番号、顧客対応状況など。営業業務を委託しているティーガイア中国支店の再委託先従業員が、営業活動で収集した情報をデータベース化。誤ってインターネット上で公開したことから流出した。

流出した情報の不正利用などは確認されていないという。同社では対象となる顧客を訪問して、説明を謝罪を行う。また委託先を含め全従業員を対象にした研修の実施。顧客情報管理者の増員などにより再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か