Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検索エンジン「VSAPI」の不具合が解消、再公開へ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、不具合の修正や機能強化を行ったウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.910」を公開した。

「VSAPI」は、同社のウイルス対策製品全般に搭載されているウイルスの検索や駆除を行うモジュール。同社では、8月4日よりメモリの消費量などを抑えた新エンジン「同8.900」を公開したが、一部Windows環境でメモリ管理エラーによる不具合が確認され、公開を中止していた。

今回マイナーバージョンアップを実施し、不具合の修正に加え、ウイルス「PE_SALITY」などの駆除機能を強化した最新版「同8.910」を開発。一部企業向け製品を対象に22日よりウェブサイトで公開したもの。ActiveUpdateでは28日より順次公開する予定となっている。

またLinux版については、「同8.900」において問題が発生しないことが判明しており、Windowsの新バージョンとともに公開を開始した。

検索エンジン・アップデート
http://www.trendmicro.co.jp/download/engine.asp

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て