Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検索エンジン「VSAPI」の不具合が解消、再公開へ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、不具合の修正や機能強化を行ったウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.910」を公開した。

「VSAPI」は、同社のウイルス対策製品全般に搭載されているウイルスの検索や駆除を行うモジュール。同社では、8月4日よりメモリの消費量などを抑えた新エンジン「同8.900」を公開したが、一部Windows環境でメモリ管理エラーによる不具合が確認され、公開を中止していた。

今回マイナーバージョンアップを実施し、不具合の修正に加え、ウイルス「PE_SALITY」などの駆除機能を強化した最新版「同8.910」を開発。一部企業向け製品を対象に22日よりウェブサイトで公開したもの。ActiveUpdateでは28日より順次公開する予定となっている。

またLinux版については、「同8.900」において問題が発生しないことが判明しており、Windowsの新バージョンとともに公開を開始した。

検索エンジン・アップデート
http://www.trendmicro.co.jp/download/engine.asp

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか