Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの自動暗号化ソリューションがPDFへ対応 - エントラスト

エントラストジャパンは、メール暗号化ソリューション「Entrust Entelligence Messaging Server 9.1」を発売した。

同製品は、送信するメールを自動的に暗号化して送信できるセキュリティアプライアンス。暗号化方式に従来より採用している「S/MIME」「OpenPGP」に加え、最新版では暗号化PDFをサポート。またメール本文のキーワードなど、より詳細な暗号化ルールを設定することが可能となった。

さらにスパムメールやフィッシングメールなどの迷惑メール対策として利用される送信ドメイン認証技術「DomainKeys Identified Mail」に対応。ウェブメールにより暗号化メールを受信、開封した際に確認メールを送信したり、古いメッセージを削除するクリーンアップ機能を追加するなど、機能を強化した。

エントラストジャパン
http://www.entrust.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ