Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ評価や認証を学べるeラーニング教材を開発 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティシステムの役割や基本的なしくみを習得できるeラーニング用コンテンツを開発した。同機構のウェブサイトからダウンロードでき、SCORM1.2対応LMS上で動作する。

同コンテンツは、開発者と調達仕様作成者の管理者および実務担当者の4タイプに大学教員を加えた5種類の利用者を想定し、ITセキュリティ評価や認証の普及啓発を目的に同機構が開発したもの。
「情報セキュリティ評価及び認証制度の概要」「ISO/IEC15408概説」など含む8種類の学習モジュールから構成されている。

同コンテンツを利用することで、セキュリティ設計や開発、調達、保証要件の設定などに必要な基本的な知識を収得することが可能。また大学教員では、専門課程の授業などに活用できる。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応