Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が登録された携帯電話の紛失が相次いで発生 - 三井不動産レジデンシャル

三井不動産レジデンシャルは、7月に発生した個人情報が登録されている携帯電話の紛失事故2件を公表した。

同社によれば、7月2日に取引先担当者50人の氏名および電話番号が登録された携帯電話を、従業員が移動中に紛失。さらに2日後の同月4日には、顧客1人と取引先担当者30人の氏名および電話番号が登録された携帯電話を、中部支店の従業員が移動中に紛失した。

同社では、いずれも警察へ被害を届け、関係者に対して説明と謝罪を行った。また紛失した情報の不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2008/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市